ネットビジネスの概念を壊す!YouTubeだからできたこと

YouTubeは儲かるの?

利用者が年々増え続けているYouTube。

 

チャンネルの管理者は「Googleアドセンス」というサービスを利用することで、
自分が投稿した動画に広告を表示できるようになります。

 

YouTubeからの広告収入で稼ぐ人たちはYouTuberと呼ばれています。

 

日本人のYouTuberといえば「HIKAKIN」。
現在はゲーム実況や商品レビューの動画を投稿していますが、
年収は約2億円と言われています。

 

小学生二人がおもちゃで遊ぶ様子を主に投稿している「Kid’s Line」、
体を張った実験系の動画を多く投稿している「はじめしゃちょー」なども
年収約1億8000万と言われ、かなり夢のある職業と言えます!

 

広告収入とは、それほどまで稼げるものなのでしょうか。

 

広告収入の仕組み

広告には種類が3つあり、そ
れぞれ収益が入る仕組みが異なります。

 

インストリーム広告

動画が始まる前に映像が流れるタイプです。

 

5秒経過するとスキップできるものと、
強制的に15秒間映像が流れるものがあります。

 

視聴者が広告動画を最後まで見ると報酬が発生します。

 

オーバーレイ広告

動画の再生中に表示される横長の広告で、
視聴者がクリックしてはじめて収益が発生します。

 

サイドバー広告

パソコンでYouTube動画を観る際に画面右上に表示される広告です。

 

こちらも、視聴者がクリックしなければ収益は発生しません。

 

それぞれの単価は時期によって変動します。
また、「広告をクリックして下さい」といった誘導は規則違反です。

 

物理的に操作できない部分が多いので、
YouTube広告で稼ぐにはいかに再生回数を伸ばすかを考える必要があります。

 

動画がたくさん見られるようになれば、
その分広告が多く表示され収益が入るチャンスが増えます。

 

YouTuberの収入事情

再生回数が重要とはいえ、
単価の変動が収益に大きな差をもたらすのが事実です。

 

再生単価は動画の長さやチャンネルの評価によって様々ですが、
1再生あたり0.5円から0.05円まで急激に下がることも実際に起こっており、
すると再生回数が減っていなかったとしても、
再生単価のみで月収20万から4000円まで激変します。

 

なぜここまでの単価変動があるのでしょうか。

 

理由は物議を醸す動画や問題のある動画の増加です。

 

これらの動画の多くは大企業の広告を記載しており、
これを受けYouTubeは広告ポリシーの厳格化などの対応を取り、
広告主たちに自社のプラットホームは安全なものだと証明しようとしました。

投稿者: chd03261

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です