[youtube広告]メリットを簡単に解説!

YouTube広告の種類

YouTube広告には様々なフォーマットがあります。

 

TrueView動画広告

このうち、動画の視聴前・視聴中・視聴後に流れるものをインストリーム広告といいます。

 

動画広告開始から5秒は必ず表示され、
5秒を経過すると視聴者は広告をスキップすることが出来ます。


視聴者が広告をクリックか30秒以上視聴又は
最後まで視聴することにより報酬が発生します。

 

YouTubeで検索を行った際に検索結果の上に表示される「広告」と
記載されるものがインサーチ広告、
関連動画内に表示されるものがインストリーム広告です。


両方ともクリックすることで広告動画が流れ、
このクリックにより報酬が発生します。

 

ハンパー広告

動画の視聴前・視聴中・視聴後に流れ、最長6秒でスキップ出来ない広告です。

 

表示回数に応じて報酬が発生します。

 

アウトストリーム広告

モバイル端末向けの動画広告です。


まず音声なしで再生され、視聴者がクリックすると音声ありで視聴できるようになります。
クリック後の動画が2秒以上視聴されると報酬が発生します。

 

上記のものとは少し種類は異なりますが、
YouTubeのトップページ上部に表示される横長の広告はマストヘッドと呼ばれ、
1日1社が記載できる広告枠です。


金額は数百万と高くかかりますが宣伝効果は高いです。
モバイルはアプリ系、PCは映画等の宣伝が多い傾向にあります。

 

3つのメリット

特定のターゲットに向けて配信できる

YouTubeは第二の検索エンジンとも呼ばれ利用者数は5000万人、
視聴者数は膨大です。そのため年齢や性別、地域、好み、曜日、時間帯、
興味関心の高いキーワード等々、動画広告を配信するターゲットを
かなり絞ることができます。

 

的確なターゲティングができれば効果は絶大です。

 

・視聴者に対してリマーケティングができる

ターゲットを絞って配信することで動画やチャンネルに
再訪した視聴者にリマーケティングが可能です。

 

一度見ただけで効果がなくとも2,3とプッシュがあると
人の心は動きやすくなるもので、相乗効果が見込めます。

 

・低予算で広告を出稿できる

料金が発生するタイミングは広告のフォーマットによって異なりますが、
あらかじめ予算を設定したうえで広告の配信が可能です。

 

テレビCMの場合1本が45,000円ほどかかりますが、
YouTubeの場合は1再生50円ほどで配信できるので
広告主にとって良心的と言えます。

 

YouTube広告のポイント

より効果的に運用するためのポイントを紹介します。

 

まず、動画は最初の5秒が肝心です。この5秒で視聴者に続きを見たい!
と思ってもらう必要があります。

 

インパクトや分かりやすさを意識しましょう。

 

次に、配信対象を明確に設定することです。


配信ターゲット層を明確に設定できることがYouTubeのメリットですので、
配信対象を明確に設定することで不要なクリックを防ぎ、
無駄なコストを削減することができます。


またターゲット以外の層に配信してしまうと
ブランドイメージの低下を招く恐れもあるので気を付けましょう。

 

最後はフリークエンシーキャップを設定することです。
フリークエンシーキャップとは同一視聴者に同じ広告が
表示される回数を制限できる機能です。


リマーケティングのメリットがある一方で、
何度も何度も同じ広告が流れると視聴者が
不快感を覚える可能性もあります。


それを防ぐため、日、週、月ごとに
同じ広告の表示上限回数を設定しましょう。

 

まとめ

・YouTube広告にはTrueView動画広告、ハンパー広告、アウトストリーム広告等の種類がある。

・ターゲットが絞れること、リマーケティングができること、低予算で広告が可能なことがメリット

・広告開始5秒に力を入れること、ターゲットを明確に絞ること、フリークエンシーキャップの設定が効果を最大限に引き出すポイント

 

投稿者: chd03261

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です