[YouTube広告収入]仕組みと方法について解説

YouTubeから広告収入を得るまでの流れ

YouTubeの世間の認知度は浸透していますが、
その収益方法までは詳しく知らない方がまだ多いのではないでしょうか。

 

YouTubeの稼ぎ方は様々であり、その方法も決して一つではありません。

 

流れとしては
① 出稿用のCM動画素材作成
② YouTubeにアップロード
③ 動画編集欄から出稿
④ 費用やターゲット層を選択
⑤ Googleアドワーズに登録
という流れです。

 

④ではCM動画を表示させたいターゲット層をジャンルから選ぶことができ、
これにより、より興味関心の高いターゲットし層への訴求が可能になります。

 

ただ、CMのようランダムで訴求することができるという力に欠けるため、
新規のターゲット層への訴求には適しません。

 

YouTube広告料金はテレビCMのように「何本放送するのにいくら」といったものではありません。
表示につき料金がかかるということではなく、完全に再生された回数で料金が決まります。

 

最後まで再生されずにスキップされてしまった広告動画に関しては料金が発生しません。
つまり費用対効果の高い広告と言えます。

 

YouTubeで自身のチャンネルを持って、そのチャンネルを収益化させ、
あとは動画の再生数やクリックに応じた報酬が発生する、
仕組みは非常にシンプルです。

 

YouTube広告の種類

広告には主に4通りの表示のされ方があります。

① インストリーム広告

動画を再生しようとした時に動画再生前に流れる、
また動画再生中で挟み込まれている
CM広告を指します。

 

基本的には、視聴者がスキップした場合広告料金はかかりません。
「広告がクリックされる」もしくは「広告動画が30秒以上視聴される」ことで報酬が発生します。

 

② ディスプレイ広告

YouTubeの検索結果や関連動画欄に「広告」という文字が入っているサムネイルのものを指します。
こちらは視聴者が能動的にその動画をクリックするので、
インストリーム広告よりは離脱率が低い傾向があります。

 

視聴者がクリックすることによって報酬も発生します。

 

③ オーバーレイ広告

動画の下部に現れる広告です。

視聴者がクリックしないと報酬が発生しないので、
収益が発生しにくいタイプの広告と言えます。

 

④ サイドバー広告

画面の右上部分のサイドバーに表示されるものです。

こちらも、オーバーレイ広告と同様に収益が発生するのはクリックのみです。

動画に干渉するものではないので他の3つ
広告に比べてクリック数はかなり低いものになります。

YouTube広告の単価について

基本的には広告が記載された動画が視聴されたり
クリックされることでYouTube側から決まった報酬が貰えます。

 

“再生回数1回あたり0.05~0.1円”との情報をネット上ではよく見かけますが、
実際はそう単純なものではありません。

 

広告の種類や仕組みは様々な上、
その報酬が発生するクリック単価はYouTube側が特に
明確な決まりは作っていません。

 

チャンネル登録者数や動画の
ジャンル、投稿時期、広告の種類、
取り入れている広告数によって大きく変わってきます。

 

気になるYouTuberの収入事情

上記の通り、再生回数だけ見ても実際の収入を割り出すことは難しいです。

参考として、YouTuberの収入を調べたいときには
SOCIAL BLADEというサイトが役立ちます。

このサイトを参考にすると…

 

Fischer’s
チャンネル登録者数:386万人
最大月収:9760万円
最大年収:11億6000万円

 

Kids Line
チャンネル登録者数:229万人
最大月収:7992万円
最大年収:9億6000万円

 

はじめしゃちょー
チャンネル登録者数:577万人
最大月収:4542万円
最大年収:5億5000万円

 

Hikakin TV
チャンネル登録者数:544万人
最大月収:4704万円
最大月収:5億6000万円

 

ちなみに、世界で最も有名だとされているスウェーデン人のYouTuber「PewDiePie」の
チャンネル登録者数は約5900万人。

 

最大年収額は約13億5000万円にもなります!

まとめ

  • YouTube広告の種類は様々。それぞれの収益条件も異なる
  • それゆえ単価も様々故1再生いくらという提示はほぼ不可能
  • 参考になるサイトによると、世界一のYouTuberは年収13億!

投稿者: chd03261

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です