8割が知らないYouTubeの広告収入!種類・仕組みを一挙公開

こんにちは!
早速ですが、皆さんはyoutubeの広告収入の
種類がいくつあるがご存知ですか?

 

youtubeの動画を見る前に「あと5秒でスキップ」と
右下に出てくる広告収入が印象深いと思いますが、
実はyoutubemの広告はなんと6種類もあるのです!

 

今日は皆さんが知らないであろうyoutubeの広告の種類と
詳しい説明をしていこうと思います!

youtubeの広告には種類があるの?

はい、youtubeの広告にはいくつか種類があります。
また自分がいいと思った広告だけを選択して
載せることができます。

 

広告が多い動画は正直好まれませんからね。
自分にあっていると思う広告だけを選択して
有効活用していきましょう!

ディスプレイ広告

動画の右側に表示される広告です。
こちらの広告はPC・ノートパソコンのみの
広告になります。

 

しかも収益も少なめ、、、
正直あんまりおすすめできないです。(笑)

 

スマートフォンで視聴される方が
アプリ以外で観るとたまに広告が出るのですが
それはカウントから外されるのこと。
厳しいですね!

 

ちなみにこちらの広告は、
広告を見てもらった時点で収益を得られるのか、
広告をクリックしてもらえたら収益がもらえるのかは
広告主の判断によります。

オーバーレイ広告

こちらは動画の下部に被せて表示されます。
こちらもディスプレイ広告同様、PC・ノートパソコンのみ。

 

収益はクリックされたら入る仕組みになっています。

 

注意したいのは、広告を意識して動画編集を
しなければならないことです。

 

字幕を下の方につけてしまうと、
広告と被ってしまいますからね。
気をつけてください!

スキップ可動画広告

こちらはよく観る広告ですね。
「5秒後にスキップ」というボタンが
出てくるものになります。

 

こちらの広告は、動画の前、中、後
好きなタイミングに設置することができます。

 

収益のタイミングは視聴者が広告の最後まで
または広告を30秒見てくれたらです。

 

こちらの広告は動画前に設置がおすすめです。
中盤に入れる人もたまにいますが、
動画に集中していると5秒で広告をスキップしたくなるからです。

 

スキップされてしまっては意味がないので、
動画前をおすすめします。

スキップ不可の動画広告

見た目は先ほどの広告と同じです。

 

動画の前・中・後に設置可能。
PC・ノートパソコン・スマホも可能です。
ただしTV・ゲーム機からの視聴はカウントされませんので
ご注意をお願いします!

 

視聴者が15秒以上広告を見た際に
収益が入るようになっています。

ミッドロール広告

10分以上の動画に設置することができる広告です。
こちらの広告のいいところは、1つの動画に
何回も広告を挟むことができます。

 

すごくいい広告なのですが条件は多めです。
・PC・ノートパソコン・スマホ可能
・好きなタイミングに設置できる
・TV・ゲーム機からの視聴はふか
・視聴者は広告を見終わるまたは
30秒以上見たら収益が入る
・CPMベースの広告の場合は広告の
長さにかかわらず、全体の視聴の必要あり。

 

CPMベースの広告とは、インプレッション単価
ベースのことであり。1000再生あたりの料金で
宣伝費を設定している広告のことです。

少し条件多めですね。

バンパー広告

こちらも大きさは上の広告と同じになります。
最長6秒のスキップ不可の広告です。

 

スマホに向いている広告です。
youtubeのユーザーの半数以上がスマホですので
こちらは利用しやすですね。

 

ただ、広告を最後まで見てもらわないと
収益は出ません。

 

 

まとめ

以上6つの広告について説明しました!

 

広告は特定のものを省いたりすることも可能です。
ですので、自分の思うように広告を
カスタマイズすることができます。

 

自分の動画、収益見込みにあった選択をしていきましょう!

投稿者: chd03261

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です